聞こえを取り戻す一歩

本サイトをご覧になっている方は、おそらく人工内耳についてご質問や疑問点をお持ちの方だと思います。

  • 人工内耳と補聴器は何が違うのか?
  • 人工内耳にすれば聞こえが改善するか?
  • どのような手術が必要なのか?

アドバンスト・バイオニクス(以下AB)は、このサイトで人工内耳に関する基本的な情報をご紹介します。より詳細な情報をご希望の方は、当社スタッフと直接話す機会をご用意いたします。個々のご質問・疑問にお答えしたりすることが可能です。
 

悩んでいるのは、あなただけではありません

世界総人口の 5%以上 (3億6000万人) が難聴を抱えています。幸いなことに、テクノロジーが発達した現在、難聴を抱えていても通常の充実した生活を続けることが可能となりました。

AB の画期的技術により、高度から重度の難聴者の多くの方々が、生き生きと充実した日々を送っています。

加藤さんの体験談

最高の人生を送っていただきたい。その願いを持って、 AB 社は常にお客様のそばにいます。お使いの補聴器が聴こえにくい方や、今より聴き取りを改善したい方にとって、きっと当社はお役にたてるでしょう。こちらにご用意した、簡単な適正テストで、人工内耳の装用がご自身に合っているかどうかをチェックしてみてください。

あなたの聞こえについて(成人向け)?

あなたの聞こえについて (該当する項目をチェックしてください):

  読唇なしに会話を聴き取ることは困難である 。
   
  静かな環境ではよく聴こえるが、雑音の多い環境や集団での会話は難しい。
   
  電話での会話はほとんど聴き取ることができない。電話の相手を知らない場合は特に困難を感じる。
   
  難聴のため、社会的かつ職業的に、孤立感や限界を感じている。

 ひとつでも当てはまる場合は、人工内耳の適応である可能性があります。

この度は当社の聴覚ソリューションにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。当社は、快適な聞こえの実現のためにお客様をサポートいたします。安心してお任せください。折り返しアドバンスト・バイオニクス社の担当者からご連絡させていただくまで、少々お待ちください。

お急ぎの場合、またはその他の質問がある場合には、info@advancedbionics.co.jp までメールでお問い合わせください。

アンケートにご協力頂きありがとうございます。

人工内耳が適応となる可能性があります。下記フォームにご記入頂ければ、ご質問等にお答えできるスタッフから連絡を取らせて頂きます。また、既に人工内耳を装用している方をご紹介し、体験談などお聞き頂くことも可能です。お気軽にご記入ください。


ABにおいては、お客様からお預かりした個人情報は大変大切なものとしてお取り扱い致します。他社に情報を開示することは決してありません。


あなたの聞こえについて(お子さま向け)?

お子さまの聞こえについて (該当する項目をチェックしてください):       

  難聴による言語発達の遅れがみられる。
   
  名前を呼びかけてもほとんど反応しない。
   
  社会とのかかわりを避けている、または他の子供や大人と交流するための能力が欠けている。
   
  雑音の多い環境で会話を聴き取る能力が低いことが気になる。

 ひとつでも当てはまる場合は、人工内耳の適応である可能性があります。 

この度は当社の聴覚ソリューションにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。快適な聞こえの実現に向けて、当社一同お客様をサポートいたします。安心してお任せください。折り返しアドバンスト・バイオニクス社の担当者からご連絡させていただきます。

お急ぎの場合、またはその他のご質問がある場合には、info@advancedbionics.co.jp までお問い合わせください。

アンケートにご協力頂きありがとうございます。

お子さまは人工内耳が適応となる可能性があります。下記フォームにご記入頂ければ、ご質問等にお答えできるスタッフから連絡を取らせて頂きます。また、同じような経験をされている親御さんをご紹介し、体験談などお聞き頂くことも可能です。お気軽にご記入ください。


ABにおいては、お客様からお預かりした個人情報は大変大切なものとしてお取り扱い致します。他社に情報を開示することは決してありません。


人工内耳について知る

人工内耳とは何ですか? 
 

人工内耳と補聴器は異なります。

補聴器は音声を増幅(大きく)します。一方、人工内耳は音を電気信号にかえ、その信号を内耳に入れた電極に伝えて、直接内耳の神経を刺激して音を感じさせようとするものです。さらに、補聴器とは異なり、健康保険が適用されるほか、医療制度を利用することが可能です。

人工内耳がどのように機能するかについての詳細は、こちら をご参照ください。
 

生涯にわたるソリューション。

脳外科手術のような大がかりな手術とはまったく異なります。人工内耳を配置するために耳の裏側に小さな切開を行う外科手術で済みます。通常の入院期間は10日前後です。

 

あらゆる年齢に対応

人工内耳は生後 12 か月以上のすべての年齢の方にご使用いただけます。    

カスタマーサポートに相談

お気軽にお問い合わせください。

日本光電人工内耳カスタマーサポート窓口

  *日本光電はAB社の日本地域専属窓口です

電話・FAX

電話  0120-834-712

FAX   0120-161-524 

*平日午前9時~午後6時

電子メール:  

 

nkdirect@db.nkc.co.jp




Hear and Be Heard™

当社が主催する Bionic Ear Association (BEA™) は、装用者、装用希望者、専門家のコミュニティです。アドバンスト・バイオニクス社の技術と人工内耳の最適な使用やその利点をお伝えするための活動を行っています。

※現在、日本ではBEAの活動は行っていません。

他の人工内耳装用者と話す

経験者と話すことで、装用に関する理解が深まることがよくあります。装用前にはあなたと同じ立場であった AB 装用者と連絡を取り、雑談をしたり、体験談を話してもらったりする機会をご提供しています。

※現在、日本ではBEAの活動は行っていません。
 

Shuk Ling, Yuent、AB 装用者

Steve Dawsont、AB 装用者


HearingJourney.com

人工内耳に関心を持たれている方をサポートする、世界最大のコミュニティです。人工内耳の手術を受けるまでに至った過程や、人工内耳の装用に伴う喜びや困難についてご相談頂けます。

(※現在、日本語専用の窓口はありません)

 

メンターへの相談

人工内耳装用者や装用者のご家族と直接連絡を取り、人工内耳の選択や人工内耳を使用した生活について相談することができます。

(※現在、日本語専用の窓口はありません)

 

TheListeningRoom.com

小児、10代の若者、成人向けのリハビリテーションツールの数々をご用意しています。

(※現在、日本語専用の窓口はありません)

この度は当社の聴覚ソリューションにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。当社は、快適な聞こえの実現のためにお客様をサポートいたします。安心してお任せください。折り返しアドバンスト・バイオニクス社の担当者からご連絡させていただくまで、少々お待ちください。

お急ぎの場合、またはその他の質問がある場合には、info@advancedbionics.co.jp までメールでお問い合わせください。

弊社よりご連絡を差し上げます。

下記フォームにお客様の情報をご入力ください。担当者よりご連絡させて頂きます。


ABにおいては、お客様からお預かりした個人情報は大変大切なものとしてお取り扱い致します。他社に情報を開示することは決してありません。

お客様窓口(代理店:日本光電):

0120-834-712 (電話)/0120-161-524(ファックス)

Eメール: nkdirect@db.nkc.co.jp

 

この度は当社の聴覚ソリューションにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。聴覚の専門家や人工内耳装用者のコミュニティとして当社は、お客様の快適な聴こえの実現に向けサポートいたします。安心してお任せください。折り返しアドバンスト・バイオニクス社の担当者からご連絡させていただきます。


お急ぎの場合、またはその他の質問がある場合には、info@advancedbionics.co.jpまでメールでお問い合わせください。

当社にご相談ください。

当社のからご連絡させて頂きます。


AB 社はお客様のプライバシーに十分配慮しています。お客様の個人情報を、販売促進行為を目的として他社に売却したり譲渡したりすることはありません。