人工内耳のしくみ

マイクが捉えた音を、サウンドプロセッサが解析します。

サウンドプロセッサで解析された音は、デジタル情報に変換されます。

デジタル信号は、ヘッドピースと呼ばれる装置を介して頭皮下のインプラントに送られます。

インプラントはデジタル信号を電気刺激に変換します。電気刺激は、聴神経を刺激するために蝸牛内の電極に送られます。

図の数字をクリックするとしくみの詳細が表示されます

超小型マイクが捉えた音をサウンドプロセッサで解析します(電池はサウンドプロセッサの中にあります)。

サウンドプロセッサで解析された音は、デジタル情報に変換されます。

デジタル信号は、ヘッドピースと呼ばれる装置を介して頭皮下のインプラントに送られます。

インプラントはデジタル信号を電気刺激に変換します。電気刺激は、聴神経を刺激するために蝸牛内の電極に送られます。

動画による人工内耳のしくみ

詳しいご説明

02:11

アニメによるご説明

01:48

ABに関心をお持ち頂きありがとうございます。

ご意見・ご質問がありましたら、info@advancedbionics.co.jp までご連絡ください。