Japan 日本
ja

制限のない
生活を送るために


アドバンスト・バイオニクス社は、先進的な人工内耳システムを開発しているグローバルリーダーであり、スイスに本社を置き、世界各地に拠点を構えています。


Sonova Holding AG による買収後、2009 年以来フォナック社と連携し、AB 社は高度な聴覚障害をお持ちの方の聴こえを取り戻す最先端の人工内耳技術を開発しています。


Sonova は革新的な聴覚ソリューションのトップメーカーです。当社の主力ブランドを通して...…当社はお客様に業界トップの包括的な製品ポートフォリオ ― 補聴器や人工内耳から無線通信ソリューションまで ― を提供しています。

 


米国カリフォルニアのロサンゼルスやドイツのハノーバーにある当社拠点は、科学技術のインキュベーションハブになっています。

 


アドバンスト・バイオニクス社は、米国に拠点を置く唯一の人工内耳メーカーです。

当社の製造はすべて南カリフォルニアで行われています。

1993 アドバンスト・バイオニクス創業
1996 クラリオン人工内耳システムのFDA(アメリカ食品医薬品局)承認取得
2009 ヒアリング・ヘルスケア・ソリューションのリーダであるSONOVAホールディングス傘下に。補聴器の開発・製造・販売会社のリーダであるフォナック社(現:ソノバ社)との技術提携が可能となる。
2012 アメリカ合衆国カリフォルニア州でのFDA製造承認取得
2013 両耳間通信可能な人工内耳サウンドプロセッサ、ナイーダCIの販売開始  *日本未導入
2017 両耳間通信可能な人工内耳サウンドプロセッサ、ナイーダCIの日本での販売開始

アドバンスト・バイオニクス社は、400 を超える特許を有し、人工内耳の技術リーダーとして認知されています。


アドバンスト・バイオニクス社には現在、世界中に 950 名の社員がいますが、製品の製造に専門的に従事している社員が 200 名ほどいます。当社の社員構成は多様で、世界中の科学者や研究者が当社の成功に寄与しています。

R&D 部門の 40% が、PhD を取得しています。


Hansjuerg Emch, Advanced Bionics 社社長
Rocio Lopez と Yanju Liu, AB 社社員


ロサンゼルスの拠点では人工内耳の製造以外にも、カスタムセミコンダクタ (チップ)、電極、サウンドプロセッサ、フィッティングソフトウェアの生産も行っています。

当社は、規制基準を遵守できるように、最先端のツールに関して社員の研修と育成に取り組んでいます。 


当社の人工内耳は世界中で販売されています。


アドバンスト・バイオニクス社は、当社製品に誇りを持つとともに、聴覚障害を持つ人々が聴こえを取り戻すお手伝いをする立場を自覚しています。


さらにお知りになりたいですか?


 

 

 

生活を制限なく送るためにs

 

 

 

 

 

 

アドバンスト・バイオニクス社は、先進的な人工内耳システムを開発しているグローバルリーダーであり、スイスに本社を置き、世界各地に拠点を構えています。

 

 

 

 

Sonova Holding AGによる買収後、2009 年以来フォナック社と連携し、AB 社は高度な聴覚障害をお持ちの方の聴こえを取り戻す最先端の人工内耳技術を開発しています。

.


Sonova は革新的な聴覚ソリューションのトップメーカーです。当社の主力ブランドを通して...


...当社はお客様に業界トップの包括的な製品ポートフォリオ ― 補聴器や人工内耳から無線通信ソリューションまで ― を提供しています。

米国カリフォルニアのロサンゼルスやドイツのハノーバーにある当社拠点は、科学技術のインキュベーションハブになっています。


アドバンスト・バイオニクス社は、米国に拠点を置く唯一の人工内耳メーカーです。

当社の製造はすべて南カリフォルニアで行われています。

1993 1996 2009 2012 2013 2017

1993

アドバンスト・バイオニクス創業.

1996

クラリオン人工内耳システムのFDA(アメリカ食品医薬品局)承認取得

2009

ヒアリング・ヘルスケア・ソリューションのリーダであるSONOVAホールディングス傘下に。補聴器の開発・製造・販売会社のリーダであるフォナック社(現:ソノバ社)との技術提携が可能となる。

2012

アメリカ合衆国カリフォルニア州でのFDA製造承認取得. 

2013

両耳間通信可能な人工内耳サウンドプロセッサ、ナイーダCIの販売開始  *日本未導入.

2017

両耳間通信可能な人工内耳サウンドプロセッサ、ナイーダCIの日本での販売開始.


アドバンスト・バイオニクス社は、400を超える特許を有し、人工内耳の技術リーダーとして認知されています。


アドバンスト・バイオニクス社には現在、世界中に 950 名の社員がいますが、製品の製造に専門的に従事している社員が 200 名ほどいます。当社の社員構成は多様で、世界中の科学者や研究者が当社の成功に寄与していますR&D 部門の 40% が、PhD を取得しています。

 


ロサンゼルスの拠点では人工内耳の製造以外にも、カスタムセミコンダクタ (チップ)、電極、サウンドプロセッサ、フィッティングソフトウェアの生産も行っています。

当社は、規制基準を遵守できるように、最先端のツールに関して社員の研修と育成に取り組んでいます。


当社の人工内耳は世界中で販売されています。

アドバンスト・バイオニクス社は、当社製品に誇りを持つとともに、聴覚障害を持つ人々が聴こえを取り戻すお手伝いをする立場を自覚しています。

 

さらにお知りになりたいですか?