Japan 日本
ja

よりよい聴こえのための基盤

AB社のハイレゾリューション人工内耳技術は...

 

 

AB 社の人工内耳は、より明瞭な会話と幅広い音について、実績ある恩恵をお届けします。

 

つまり「会話や音楽に触れる」

AB 製品の装用者は、ごく小さい音から大音量までを、設定を変更することなく聴くことができます。つまり、AB 製品の装用者は、お子さまの小さなささやき声を聴ける設定のままで、音楽のあらゆる音量の変化にも対応できるのです。

 

どのようにして?

下のグラフからわかるように、アドバンスト・バイオニクス社は経時面 (時間)、スペクトル解像度 (周波数)、入力ダイナミック (音の大きさ) の優れた範囲によって、すべての分野で他社に勝っています。1,2,3,4

 

 

これが装用者に意味することは?会話の理解と音楽鑑賞の向上

AB 社のデバイスのハイレゾ技術により、周波数 (ピッチ)、時間などの点でより優れた質の会話音声に触れることができるようになります。これにより、会話の理解が向上し、なおかつ音楽鑑賞もさらに楽しめるようになります5,6,7。成人の AB 人工内耳装用者には聴こえの世界と再びつながる最適な機会が得られ、子供の AB 人工内耳装用者には言葉や言語を最大限に伸ばせる環境が得られるとともに、増え続ける子供のニーズを満たすさらなる技術という恩恵も得られます。8,9,10

 

音の細部を届ける

デバイスを選ぶに当たり、この埋め込み技術と生涯に渡って付き合うことになるという点を考慮してください。このため、選択するデバイスは、音の世界を楽しむためにあなたが必要とするすべての詳細な要素 (音の大きさ、ピッチ、および時間) を届けることができる必要があります。

 

 

アドバンスト・バイオニクス社がお届けする AB 人工内耳は、音の細部を捕捉するように設計されています。非常に幅広い強度 (最大 80 デシベル) が自動的にエンコードされます。特許取得済みの伝達方法を使用して、蝸牛の 120 箇所に周波数情報を伝達することができます。また、1 秒ごとに最大 83,000 パルスを提供します。1これは、その他のどのシステムが届けられる情報よりはるかに詳細です。

 

アドバンスト・バイオニクス社は、装用者にあらゆる聴こえの体験を最大限に楽しんでいただくことを願って、技術の限界を押し上げ、音の最も細かい表現までお届けします。

 

 

 

活躍する詰め込まれた技術

AB 社の人工内耳システムの内部コンポーネント

 

重要機能の説明

(HiRes 90K™)  ハイレゾ90Kインプラントの

 

1 電極配列

蝸牛に優しく挿入できるように設計された11,12,13 電極が 120 もの音のスペクトル帯域を届けて、会話の理解や音楽鑑賞を支援します。14
 

2  電子回路パッケージ


現行および次世代以降のサウンドプロセッサや機能をサポートするように設計された先進技術。

3 通信リンク  

この洗練された通信リンクは、外部サウンドプロセッサからデジタル表現の音を受信し、なおかつ人工内耳システムと装用者の神経に関する情報をプロセッサに返送します。
 

4  マグネット

外部ヘッドピースとの信頼性の高い接続を提供します。このマグネットは標準の MRI スキャンに対して安全です。もっと強力なスキャンが必要な場合には、簡単に取り外したり交換したりできます。

 

AB 社の人工内耳を選ぶべき理由は?

アドバイスト・バイオニクス社の HiRes (ハイレゾ) 90K ファミリの人工内耳をご利用いただけます。各タイプの人工内耳により、電極の選択で解剖学的な違いをカバーでき、さらに医師の得意な手技にも適応できます。

将来の保証

AB 社の人工内耳には将来に備えた技術が使用されており、来たる何十年かの間の信号処理の向上に対応できるように設計されており、要求の厳しい成人のニーズや成長とともに変化し続ける子供のニーズに理想的な製品です。

 

人工内耳を変えなくてもサウンドプロセッサをアップグレードすれば、新しい聴こえの機能や拡張され性能を享受できます。

 

 

細くて強い

AB 社の人工内耳は、業界標準を超えた耐衝撃性を備えるように設計されており15、子供も含めてすべての装用者に安心して日々の生活の冒険を楽しんでいただけます。

 

 

 

蝸牛の保護

いったん蝸牛に挿入したら、非常に小さい電極配列を使用して聴覚神経が刺激されます。

 

術者にとっても優れた電極を選べるようになりました。繊細な蝸牛構造を保護するように設計されていて、なおかつ蝸牛を完全に網羅するため音の完全なスペクトルも得られるのです。17,18,19

 

 

HiFocus™ (ハイフォーカス) 電極

HiFocus™ (ハイフォーカス™) Mid-Scala (ミッドスカラ)

 HiFocus (ハイフォーカス) Mid-Scala (ミッドスカラ) 電極は、挿入中に蝸牛の繊細な構造を保護するという重要な目標にそって、簡単に優しく挿入でき、完全なスペクトル範囲を提供するように設計されています。   

この度は当社の聴覚ソリューションにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。当社は、快適な聞こえの実現のためにお客様をサポートいたします。安心してお任せください。折り返しアドバンスト・バイオニクス社の担当者からご連絡させていただくまで、少々お待ちください。

お急ぎの場合、またはその他の質問がある場合には、info@advancedbionics.co.jp までメールでお問い合わせください。

We're here to help

The Bionic Ear Association (BEA) is comprised of caring professionals and a dedicated team of volunteers who provide you and your loved ones with information, education, and support for choosing, getting, and living with cochlear implants.


AB takes your privacy seriously. We will never sell or transfer your personal information to other companies for marketing purposes.

Toll Free Phone:  +1.866.844.HEAR (4327) US and Canada

出典

1.

Ruckenstein M (2012) Cochlear Implants and Other Implantable Hearing Devices

2.

Koch D. B., Downing M., Osberger M. J., and Litvak L. (2007). “ Using current steering to increase spectral resolution in CII and HiRes 90K users,” Ear Hear. 28(2)

3.

Chang YT, Yang HM, Lin YH, Liu SH, Wu JL. Tone discrimination and speech perception benefit in Mandarin speaking children fit with HiRes fidelity 120 sound processing. Otol Neurotol. 2009 Sep;30(6):750-7. doi: 10.1097/MAO.0b013e3181b286b2.

4.

Adams D, Ajimsha KM, Barberá MT, Gazibegovic D, Gisbert J, Gómez J, Raveh E, Rocca C, Romanet P, Seebens Y, Zarowski A., Multicentre evaluation of music perception in adult users of Advanced Bionics cochlear implants Cochlear Implants Int. 2014 Jan;15(1):20-6. doi: 10.1179/1754762813Y.0000000032. Epub 2013 Nov 25.

5.

Firszt JB, Koch DB, Downing M, Litvak L. (2007) Current steering creates additional pitch percepts in adult cochlear implant recipients. Otology and Neurotology, 28(5):629-636.

6.

Koch DB, Osberger MJ, Segel P, Kessler DK. (2004) HiResolution and conventional sound processing in the HiResolution Bionic Ear: using appropriate outcome measures to assess speech-recognition ability. Audiology and Neurotology, 9:214-223.

7.

Spahr A, Dorman MF, Loiselle LH. 2007. Performance of Patients Using Different Cochlear Implant Systems: Effects of Input Dynamic Range. Ear and Hearing. 28:260-275.

8.

Levitin D (2007) - This is your brain on music, the science of a human obsession

9.

Moira Y (2002). Tone. (Cambridge Textbooks in Linguistics), Cambridge: Cambridge University Press.

10.

Hirst D, Di Cristo A (1998). A survey of intonation systems. In: D. Hirst, A. Di Cristo (Eds.). Intonation Systems, a Survey of Twenty Languages. Cambridge University Press Cambridge (1998)

11.

Hassepass F. Bulla S. Maier W. Laszig R. Arndt S. Beck R. Traser L., Aschendorff A. (2014) The New Mid-Scala Electrode Array: A Radiologic, and Histologic Study in Human Temporal Bones. Otology and Neurotology. 35:1415-1420.

12.

Lenarz T, Prenzler N, Salcher R, Andreas Buechner A (2017) First experience with a new thin lateral electrode array. American Cochlear Implant Alliance, San Francisco, July 26–29, 2017.

13.

Rivas A, Isaacson B, Kim A, Driscoll C, Cullen R, Rebscher S, (2017) New Lateral Wall Electrode, Evaluation of Surgical Handling, Radiological Placement, and Histological Appraisal of Insertion Trauma , San Francisco, July 26 -29, 2017.

14.

Osberger MJ, Quick A, Arnold L, Boyle P. (2010) Music benefits with HiRes Fidelity 120 sound processing.Cochlear Implants Intl 11 Suppl 1:351-354.

15.

EN 45502-2-3:2010. Active Implantable Medical Devices. Particular Requirements for Cochlear and Auditory Brainstem Implant Systems.

16.

The procedure requires the use of the Antenna Coil Cover and following the head-bandage procedure as outlined in the Instructions for Use.

17.

Frijns JHM, Kalkman RK, Vanpoucke FJ, Bongers JS, Briaire JJ. Simultaneous and non-simultaneous dual electrode stimulation in cochlear implants: evidence for two neural response modalities. Acta Otolaryngol. 2009 Apr; 129(4):433-9.

18.

Stakhovskaya O, Sridhar D, Bonham BH, et al. Frequency map for the human cochlear spiral ganglion: Implications for cochlear implants. J Assoc Res Otolaryngol. 2007 8: 220-233.

19.

Holden LK, Finley CC, Firszt JB, Holden TA, Brenner C, Potts LG, Gotter BD, Vanderhoof SS, Mispagel K, Heyebrand G, Skinner MW. Factors affecting open-set word recognition in adults with cochlear implants. Ear and Hearing. 2013 Jan 23; Epub.

アドバンスト・バイオニクスに問い合わせる



ABにおいては、お客様の個人情報はお客様からお預かりした大変大切なものであると考え、他社に開示することは決してありません。

カスタマーサービス

日本光電工業株式会社(弊社販売代理店)

TEL: 0120-834-712 / 03-5996-8525

FAX: 0120-161-524 / 03-5886-8556

電話受付時間:平日午前9時~午後6時

Eメール:nkdirect@db.nkc.co.jp

人工内耳について詳細を知る