会社概要

アドバンスト・バイオニクス(AB)は、1993年に設立されて以来、一貫して人工内耳システムの開発を行っているグローバル企業です。聴覚技術のイノベーションにより、聞こえに不自由を感じる人々のQOL向上を目指し、新しいインプラントや音を忠実に再現する音声信号処理技術の開発に努めています。

ABはフォナックと同じく聴覚ソリューションの代表グループ企業であるSonovaグループに属しています。補聴器の優れた機能を人工内耳にも取り入れるため、ABはフォナックと連携し最先端の人工内耳技術を開発しています。


補聴器


人工内耳



株式会社日本バイオニクス(AB日本支社)

本社:28515 Westinghouse Place・Valencia,CA
代表取締役:ビクトリア・エリザベス・カーブレンドル
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田5-2-4
           レキシントン・プラザ西五反田10F
TEL:03-5759-2851
FAX:03-5759-2852
E-mail: info@advancedbionics.co.jp


ソノヴァグループ (Sonova Holdings AG)

代表者:Arnd Kaldowski
所在地:Laubisrütistrasse 28, 8712 Stäfa, Switzerland
設立年:1947年
社員数:14,740名(2019年3月31日現在)
資本金:3,300,000スイスフラン(2019年3月31日現在)
売上高:2,763,200,000スイスフラン(2019年3月31日現在)
事業内容:補聴器・人工内耳など聴覚システムの設計・開発・製造
株式:スイス証券取引所(SIX) 証券コード SOON



D000026721